無料プレゼントはこちら!

無料プレゼントはこちらからお受け取りください!

アウトプットを自ら発信する

こんにちは、訪問ありがとうございます。



人付き合いが良好な人は仕事も良好だと言えます。



人間関係が良好ということは、人からの情報も豊富に備える
ことが出来ます。



これは、理屈抜きで関係性から発展するビジネスが強いという
部分は否めません。



適切な情報を持っている知り合いほど自分にとっての一番の利益でしょう。



良好関係を作れる相手が欲しい場合、



先ずは、自らアウトプットを行う。



これに尽きるでしょう。



すると、



今度は、黙っていても必要とする情報が入ってくるようになるのです。



それには、出せる力をつけることも大切です。



自分が目指している目標・目的に向けて先ずはインプットをしっかり行い



自分に自信をつけてみるのです。



人それぞれ性格がありますから、



その方法は千差万別ではありますが、引き出しが多い人が好かれるのは
まさにこのことではないでしょうか。



気を付けなければならないのは、核とした理由・理論が必要です。



アウトプットにより、人が動くような経験やスキルです。



ビジネスを進める上で、貴方が一番欲しいものは何ですか?



より、向上出来る情報収集があれば、時間の節約になります。




先ずは、自分自身の能力を高める。そして、



自らいいアウトプットを出していく。



出せば出すほど返ってきます。



貴方の成功を心からお祈りします。








検索結果の上位表示を狙うブログタイトル決め

こんにちは、いつも訪問ありがとうございます。

ブログを書くにあたり、記事の内容以前にタイトルを決めることに
時間を費やしてしまいますね。

ブログには記事の内容も大事ですが、やはりお客様に読んで頂くための
アクセスが必要不可欠ですね。

初心者さんはあまり意識をせずにタイトル決めを行ってしまいがちです。

せっかくですから、出来る限り上位表示できるよう
タイトル決めにも力を注ぎましょう。

お客様に検索されるキーワードで上位表示を意識する

キーワードは、ブログやサイト内でメインとなる言葉です。
パソコンやスマートフォンから調べる際に
検索窓に入力する文字の事を指します。

検索窓に入力する文字を「検索キーワード」とも言います。

お客さんは、何かを探すために検索窓を使いますね。

出来る限り欲しい情報が100%一致するような検索をするため
2語以上の複合キーワードで検索する人が多いです。

検索エンジンは、検索されたキーワードが
文中に含まれている記事を検索結果として表示される仕組みです。

タイトルにキーワードを入れる

グーグルは、検索結果の順位にタイトルキーワードを重視します。

文中にも適度に入れるよう配慮することで上位表示を意識します。

◎重要なキーワードは先頭に使います

同じキーワードをブログに含ませる。「個人」「美術」の2つの
キーワードのうち、上位のサイトは「個人」を先頭に使っています。

重要なキーワードタイトルは先頭に入れます。

さらに、整えた文章で決定していきます。

(注意)先頭に他のキーワードを入力してしまうと「個人 美術」の
検索上位にされません。

他、サイトでは魅力的なタイトルをつけていらっしゃる方が多数です。
私も日々勉強させていただいてます。

貴方の成功を心から祈ります。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

仕事の「やる気」と「やっている事」の違い

こんにちは、山本みきです。
本日も訪問いただき、ありがとうございます。

仕事で、落ち込む時とはどんな時でしょうか。

ミスをした時。
人間関係に悩んだ時。
成果が出なかった時。

一生懸命取り組んだ仕事に対して、成果が出なかった時は
本当に辛いものです。

そんな時、どうやって打開してきましたか?

私は、頭のポイントを違う視点から考え直した時に
遠回りしていた事や、発想のズレを察知した時ですかね。

必死でやればやるほど方向が違ってしまう時が多々あります。

つい、、ルーティンワークを保持しようと考えた時
効率化を重視しています。

しかし、独立して仕事を進めていくと
効率的な仕事がしたくとも、そればかりに捕らわれてしまうと
自分本位な仕事しか出来なくなってしまうわけです。

頭ではいつもわかっているのです。

でも、忘れてしまう。

そう、

決して、忘れてはいけないのは

お客様にとって、価値のある商品を提供し、満足してもらうことだけを
考えて突き進むこと。

その後に、自分なりの評価・成果の見極め反省なり、前進していくことです。

考え方の一つとして、下図のように進めると恐らく自分自身も
どこか違う場所で空回りすることはないのかな、と思います。

常に、お客様からみた価値を考え悩むという時間はとてもつもなく必要なのかも
しれません。

その結果は、いつか必ず出てくるのではないでしょうか。

そんな期待をもってビジネスを進めていけるって幸せですよね。

貴方の成功を心からお祈りします。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ビジネスメールで気を付けなければいけない点

こんにちは、山本みきです。
本日も、訪問ありがとうございます。

今回は、ビジネスメールに限らず
自身の気持ちや想いだけが先走り
自分はわかっていることだけど
相手には何のことを示しているかがわからない
そんな時は意外と多いことから
違う解釈をされてしまう可能性を回避する内容を
お届けします。

例)
送信者:〇〇を検討していますが、△△も合わせてお願いします。
受信者:なるほど、△△にするつもりなんだな。。了解しました。

かなりアバウトな例ではありますが、
一番大事なところをしっかりと書いていない送信者さん。
そして、勝手な解釈をする受信者さん。
双方でしかやりとりを交わしていない状態でビジネスが進んでしまう。

これ、かなり危険な状況ですね。

私が会社員時代心がけていたのは、

「相手に伝わる文章や、話が出来ないのは自分のせいだ・・」

しかし、それはその人自身の考え方であり
誰でも共通しているわけではないですよね。

そこで、こんな風な例として考え方をまとめてみました。

白黒はっきりしない言い回しの落とし穴

ほんの少し意識するだけで、文章が変わることと同時に
相手にもわかりやすく好感の持てるビジネスが進められるのでは
ないでしょうか。

それでは、本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ビジネスメールの重要性

こんにちは、山本みきです。
本日も訪問ありがとうございます。

意外と抜けがちなメール作業。
自由に書いていいスペースには大きな落とし穴がいっぱいあります。

忙しい合間に打つメール一本。

ついつい、簡単に済ませようという頭が働いてしまいがちです。

こんな失敗ありませんか?

✖件名の入れ忘れ
✖添付ファイル入れ忘れ
✖宛先間違い
✖送信者名入れ忘れ等

些細なことですが、メールはその人を表現する大事なツールです。
「ちゃんと出来て当たり前」
を、これから先も継続出来るよう雛形を作成することも大事ですね。

簡単な例ではありますが、「凡ミス」回避に他の作業と併用しながら
検討するのもいいかもしれません。

雛形は、ノートに書いてチェックするのも
PCのテキストを毎回コピペして使うにもいいと思います。

その人の人間性が一度のミスで問われてしまうインターネット
でのやりとりがメインの
お仕事は特に注意することが大事になります。

私自身がとてもうっかり性なため
このようなところで冷や汗を欠かないための対策として記しました。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ブログ運営者



このサイトは、主婦が自宅でもしっかり
稼げる情報サイトです。
初心者でもアフィリエイトがわかりやすい記事を
沢山更新して行きます。
どうぞ、宜しくお願いします。

ブログ運営者:山本みき


主婦・お小遣い稼ぎランキング
応援のクリックをお願いします

メルマガ登録フォーム

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート【FMテンプレート】


<お勧めのテンプレート>
・売れやすい構成
・編集しやすい操作性
・内的SEO対策済み
プロのアフィリエイターと、プロのwebデザイナーが考案・制作し、初心者にも使い易いと評判のとても優れたテンプレートです!

ツールバーへスキップ

▲トップへ戻る