無料プレゼントはこちら!

無料プレゼントはこちらからお受け取りください!

【ライティングの困った】エピソードの取り入れ方

こんにちは、山本みきです。

本日も訪問ありがとうございます。

書いていると、ついつい熱が入り、
主観でダラダラと文章を綴って
しまいがちです。

先日は、最初の一文についての記事を
書いてみました。
実践いただけたら幸いです。

【ライティングの困った】最初の一文の書き出し

今日は、書くことは頭にあるんだけど・・・
どう表現しようか悩んでしまった時。
について、私なりのまとめ方を書いてみたいと
思います。

面白くないエピソードは入れない

例えば、お寿司屋さんの広告を書くとしましょう。

「銀座の一等地に店舗を構えて、富裕層が通う高級寿司店」

この表現は、一般の人には関係ない話題だな、、パス!
となってしまいます。

実際のところ、人気がある理由として
高級なお店だったとしましょう。

ですが、店主の意向として富裕層だけでなく
誰でもちょっと贅沢に味わってもらいたいお店だとしたら

「銀座の一等地に店舗を構えて、富裕層が通う高級寿司店」
こんなフレーズはNGですね(;´・ω・)

「小さいお子様からご年配の方にも寛げる店主がいつでも歓迎」

例として、いいか悪いかはちょっと疑問ですが
同じお店でも、誰をターゲットに幅を持たせるか?を
例にしてみました。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


応援クリックお願いします!
↓↓↓ランキングのクリック頂けると励みになります!

人気ブログランキング

【ライティングの困った】最初の一文の書き出し

こんにちは、山本みきです。
本日も訪問いただき、ありがとうございます。

ビジネスマンには必須の記事・報告書等の
ライティング技術。

私は、文章を書くことが得意ではありませんが、
嫌いではないという理由のみで

ライティングについて書きたいと思います。

小学生の頃、作文を書く機会等ありましたが、
真っ白な紙に文章を埋める作業というのは少々プレッシャーに感じることがありました。

そんなプレッシャーの中最初の書き出しに悩むことから入るため
文章が上手く繋がらなくなってしまうということでしょうか。

完璧を求めない

いきなり清書をすると、次に書く言葉が出てこなくなってしまいます。

ひとまず書く。

すると、気楽に、簡単に進めていけるようになります。

書く順序は(起承転結)で構想する方は多いと思います。

ここで重要なのが、どこか一か所だけが頭の中で居続けていること
ありませんか?

その一か所だけを書いてみるということです。

そして、別の箇所をパズルのように当てはめていけば完成です!
ですから、最初の一文の書き出しは後からでもよいということになります。

頭が整理されていない状態で書き出すと
文章がぐちゃぐちゃになってしまうので、「書きたいことだけを書く」
ことから繋げてみては如何でしょうか。

それでは、最後までお読みくださりありがとうございました。

また、皆さまのお役に立てる情報をお届け致しますね。

ブログ運営者



このサイトは、主婦が自宅でもしっかり
稼げる情報サイトです。
初心者でもアフィリエイトがわかりやすい記事を
沢山更新して行きます。
どうぞ、宜しくお願いします。

ブログ運営者:山本みき


主婦・お小遣い稼ぎランキング
応援のクリックをお願いします

メルマガ登録フォーム

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート【FMテンプレート】


<お勧めのテンプレート>
・売れやすい構成
・編集しやすい操作性
・内的SEO対策済み
プロのアフィリエイターと、プロのwebデザイナーが考案・制作し、初心者にも使い易いと評判のとても優れたテンプレートです!

ツールバーへスキップ

▲トップへ戻る